Webやアプリのデザイントレンドを紹介。たまに雑談。

Browse By

[Gadget Review] YAMAHA WXA-50

  • Pocket
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

先日ハードオフでONKYO D-112E LTDが叩き売られてたから保護してきたという記事を書きましたが、「まぁ仕事部屋で音楽聴きたいだけだしアンプは中華製でいいか」と思ってつないだら大後悔したわけです。やっぱりアンプ大事。しょうもない中国製のアンプなんか使わずに、せっかくのいいスピーカーなんだしちゃんとした国産のアンプで鳴らそうYO!と思っていたところ、おや、何か届いたようです。

開封、そして設置

うひょー! YAMAHA WXA-50ちゃんだー! 君が欲しかったんだよー!! はい、安心と信頼のYAMAHA製を選びました。候補にはDENON PMA-30-SPとかSONY STR-DH190とかTEAC AI-301DA-SPあたりもあったのですが、結局決め手となったのはAirplay対応かつWorks with Alexaな点。スマートホームの一部として使いたかったので、YAMAHAのMusicCastという仕組みは色々と都合が良かった。音源としては主にiPhoneを使う事を考えると、BluetoothよりもAirplayに対応してた方が使い勝手も良いだろうという想定。実際その通りで、音楽聴きたいと思ったらiPhoneで音楽再生してAirplayで音の出し先を選ぶだけ。この動作だけでスタンバイ状態から電源オンになり、音楽再生が始まります。聴くのを止めたい時はiPhoneから停止にするだけで、20分間無音状態になると勝手にスタンバイ状態に戻ります(設定で20分、2時間、4時間、8時間、12時間が選べます)。このためアンプの存在を感じる事なくほとんど放置プレイでイイ音だけを享受できます。「Alexa、仕事部屋のアンプ消して」も使えるんだけど、どのみち勝手に消えるからアンプの電源の事を全く気にしなくなりました。
MusicCastアプリもよく出来てて、イコライザや動作、LEDなどの細かい設定は全部iPhone上でできます。ただ日常の使用ではiPhoneのMusic Appだけで完結する感じ。このシンプルさこそ求めてたものなので、いやー買って良かったなーとしみじみ思っております。

ONKYO D-112E LTDと並べてみた

とりあえずD-112E LTDちゃんと並べてみました。こんな近くに配置したらステレオ感出ないのでこの後離しましたが、セッティング時の記念撮影というやつです。統一感はあまりないけど、他社製品なのでそこは仕方ない。まぁどのみちスピーカー間隔180cmで使うわけだし。
あ、ちなみに縦置きもできるようです。ウチの場合は「はいこれオーディオセットですよ!」的なドヤ感を出したかったので横置きで使ってます。

iPadからも鳴らせます。Airplay対応だからね!

もちろんiPadからも鳴らせます。周りがApple製品だらけの信者の皆様(わんわん)向けの製品。元々ラックの上にいたズゴックたんと、ジオン公国水泳部の方々にはラック下部に異動していただきました。あとちょっと前に音質改善を狙ってD-112E LTDにスパイクを追加しました。3点支持方式の黒檀製のもの。これ付けたら低音がスゴく締まるようになったので地味にイイです。

仕事部屋のオーディオ環境完成

んで肝心の音はどうなのよ?って話ですが、悪くないです。少なくとも前に使ってた中華製ウンコアンプに比べると遥かに良くなって、ONKYOの低能率スピーカーもちゃんと鳴ってくれます。ただデジタルアンプであるがゆえか、YAMAHAらしいフラットな音作りのせいか、低音のモリっとした感じを求める場合はちょっとパワー不足な印象。特にベース音のブリブリ言う感じなんかは弱い気がする。まぁウチで使ってるのがブックシェルフスピーカーなので低音の量感については仕方がないのかも。1度このアンプでBose Westborough 363を鳴らしてみたい気もするけど、1度セッティングしちゃうと別の部屋に持ってくのが面倒で・・・。ただキックドラムのズンってくる感じについてはスゴくタイトに表現してくれます(その代わり重みは少ないけどね)。
自分の場合今回は仕事部屋用の設置なのでこれでオッケー。あまり自己主張の激しくないオーディオセットを望む人にはピッタリだと思う。寝室とかBGM用には最適。一方、「ガッツリ天一のラーメン食いてぇ!」的な場所にはやっぱりMaranzとかコッテリ系アンプの方が合うような気もします。何よりこのアンプの素晴らしい点は音楽の好きなApple信者に最適な作りになっている事かな。
仕事部屋のオーディオ環境はこれでひとまず完成したんだけど、それなりにお金もかかったのでジオンはあと10年は戦ってほしいところ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください