Webやアプリのデザイントレンドを紹介。たまに雑談。

Browse By

[PHP, JAVASCRIPT] フレームを使わずに、別ファイルをページ内に読み込む方法2種

  • Pocket
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

サイト制作をする上で、たまに必要となってくる別ページの読み込み。これにはいくつか方法があって、一番手っ取り早いのがiframeによる読み込み。けどこれって縦幅の調整に困る上にあまりスタイリッシュじゃない(Javascriptを使って高さを自動調整する事もできますが)。そんなわけでページ内にインクルードしたいと思った時に使える2つの手法を紹介します。というか最近仕事で必要だったので、せっかく作ったんだからその備忘録みたいな感じ。

JAVASCRIPTを使って別HTMLをページ内に読み込む

まずはJavascriptを使って読み込む方法。多分これが簡単。JSライブラリにはjQueryを使用するので、jQuery導入済みのサイトであればさらに簡単です。リンク先で配布されている“ajaxcodedisplay.js”をダウンロードして、ヘッダにリンクを追加するだけで準備オッケ。適用はリンクのclass指定で行う事ができます。これだけで別HTMLをページ内にインクルードすることができます。

Displaying source code with Ajax

PHPでインクルードする

プログラマーの人から見ればこんな事当たり前なんだろうけど、「PHP? なにそれどこの宇宙語?」といった感じのデザイナー的には、これだけでも一苦労。俺がそうです。けど頑張りました! というわけでPHPで別ファイルをインクルードする場合、手順としては2つ。まずはソース内のインクルードしたい場所に下記ソースを書きましょう。

<?php include("ファイル名.php"); ?>

次に.htaccessに下記内容を記述。これは拡張子が.htmlのファイル内でPHPを動作させるための記述です。.htaccessが使えないサーバの場合は、この方法は使えません。

AddType application/x-httpd-php .php .html

例えばメールフォームなどのPHPファイルは別ファイルとして制作し、それをデザイン的に整形したページ内に読み込んで使用するなどの使い道が考えられます。もちろんメールフォームのページ自体を最初からPHPで制作すればこんな事する必要もないんですが、プログラマーでない人や、デザイナーとプログラマーが分業になっている場合など、色々と別々に制作した方が便利な時と場合もあるわけです。

PHPの includeについて?

One thought on “[PHP, JAVASCRIPT] フレームを使わずに、別ファイルをページ内に読み込む方法2種”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください