Webやアプリのデザイントレンドを紹介。たまに雑談。

Browse By

[LEOPARD] 個人的に気に入ってるLeopardの機能やショートカット

  • Pocket
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

MacOS 10.5 Leopardが発売になって数ヶ月、もうすっかり手になじんだツールとして毎日使っております。んで個人的に気に入ってる機能とかショートカットをいくつか紹介。Safariのタブ切り替えのショートカットなんて、もう欲しくて欲しくてタマらなかったものなので、見つけた時は感涙モンでございました。「気に入ってる」とか「感涙」とか言うてるけど、実はそれらはとても地味な機能だったりします。

Safari

タブを横方向にドラッグ&ドロップする事で、入れ替えが可能

これ気づいた時ビックリした。前もって知らなかった機能だったから、もう嬉しくてあちこちタブを入れ替えまくってた。実際ブログを投稿する時なんかは、一番左にブログを表示して、2番目のタブにMTの管理画面を開いておいて、3つめは巡回元となるサイトで、4つめ以降は散らかってるという固定スタイルで作業する事が多い。けどタブを開いたり閉じたりする事で、たまに順番が違ってくる場合があって、そういう際にやり直しが簡単にきくのがイイね。

タブを下方向にドラッグ&ドロップする事でウィンドウの独立が可能

これは友人の鳥助に教えてもらって知った機能。「下にも引っ張れるYO!」という事なので引っ張ってみたら、この場合はタブとして開いてるページをウィンドウとして独立させられるという機能。これも以前からあったらイイなって思ってたから、もう今では頻繁に使っております。

“Command + Shift + [”で前のタブ、“Command + Shift + ]”で次のタブに移動が可能

最近知った機能。そしてSafariに最も付けて欲しかった機能。同一ウィンドウ内のタブをショートカットで選択できます。多分Safari 3からの新搭載ショートカットだと思うんだけど、間違ってたらゴメン。とにかく便利過ぎますこのショートカット。手放せません。
またこのショートカットの他に、“Command + Shift + 矢印”でもタブの移動ができるようです(yume-no-izumiさんサンク!)。ただしこちらのショートカットの場合は、移動するタブの間にフォーム入力中のページが入っているとそこで止まるようです。ようするにフォーム内のテキストを操作しようとしちゃうみたい。このへんまだ操作性が統一されてないみたい。

マルチラインフォームで、D&Dでフォームのサイズを変更

ブログ等のコメント欄の右下に何やら引っ張れるような装飾があったので、試しにドラッグしてみたら、これが引っ張れたんです。DIVやTABLEの枠組みをハミ出さない程度に、ユーザー側で自由に大きさを設定できるようになったみたい。ちょっと文章が長くなると、スクロールバーが出たりして一覧性が落ちるので、そういう場合に便利な機能。

iPhoto

イベント内の写真を表示時に、“Esc”キーでイベント一覧に戻る

別にあえて紹介するほどのショートカットでもないんだけど、多用しております。イベントとして写真を分類してくれるようになったのはナイスなんだけど、マウス操作でいちいち戻るのメンドくさいなーと思ってたところ、試しにEscキー押したらイベント一覧に戻れました。iPhotoも今回のバージョンですっかり「ないと生きていくのムリ」なアプリになりました。

Spaces

“Control + 上下左右”で画面の切り替え

Spaces使う人にとっては常用間違いナシのショートカット。自分の場合は、最初はオモしろがって使ってたけど、意外と自分のスタイルには合わないなって思った時点でオフりました。けど簡単なショートカットで何面もある作業領域を行き来できるってのはイイね。

2 thoughts on “[LEOPARD] 個人的に気に入ってるLeopardの機能やショートカット”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください