Webやアプリのデザイントレンドを紹介。たまに雑談。

Browse By

[Siteinfo] サーバの引っ越し完了。通常運用に戻って感じた事。

  • Pocket
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

先週水曜くらいに新しいサーバへの引っ越し作業を終えて、週末にかけて更新をせずに放置した結果DNSの浸透もだいたい完了したらしく、今週から通常運用に戻りました。というわけでドメインそのまま、サーバ引っ越しをするに当たって色々と感じた事を書いてみます。

WordPressが通常のザクの3倍のスピードで動くようになりました。

以前使ってたCoreserverは引っ越した当初は速かったんだけど、使っている内に徐々に重くなり、末期においてはエントリーの公開に2分とか待たされる事もありました。まぁ契約から4年くらい経ってたし、エントリーの数も6200を超えてたのでしょうがないところかと。サーバ引っ越しを考えたのはそれがきっかけです。

んで引っ越してみてどうだったか。めちゃめちゃ速くなりました。エントリーの下書きも公開も一瞬で済むようになり、身長は伸び、テストの点は上がり、彼女もでき、お金持ちになり、もうすぐ総理大臣にもなれそうですウソですごめんなさい。けど一瞬はホント。

プロバイダによってDNSの浸透待ち時間が大きく違いました。

これ結構意外。というか差異があるのは当然なんだけど、5分で見れるようになった場合もあれば2日かかったプロバイダもありました。こうも差が出るのかと。まぁネットワークに関しては専門じゃないので理由については詳しく分かりませんが、経験談ということで。

引っ越し手順。

  1. 旧サーバ上のPHPMyAdminからDBのDumpファイルを作成。
  2. 新サーバにWPインスコ。
  3. 新サーバでPHPMyAdmin開いてDumpファイルインポート。
  4. WP側からDB認識。
  5. 旧環境と同様にブログが立った事を確認。
  6. ネームサーバ変更。
  7. 身長が伸びる。
  8. テストの点(ry

概ね上記のような流れ。思ったよりは簡単でした。WPの.htaccess関係でちょこっとトラブったくらい。

まとめ。

引っ越して良かったなぁと。自分の更新の都合よりも、これで見に来てくれる人がサクサクっとした印象を持ってくれれば、と思っちょります。以上。あとツマんない冗談ばかりのこのエントリーに最後まで付き合ってくれてありあとう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。