Webやアプリのデザイントレンドを紹介。たまに雑談。

Browse By

Tag Archives: WebDesign

[CSS] Keiyaku CSS – 日本の契約書のためのCSSライブラリ

  • Pocket
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Markdownで書かれた契約文書を、適切な印刷書式にスタイリングするためのCSSライブラリ。契約書でよく見る、第何条何項みたいな書式を、マークダウン形式で簡単に記述することができます。HTML書かなくてもマークダウンで簡単に書けるという点も魅力です。契約書以外にも、例えばサイト内の利用規約のスタイルとしても使えそうです。お硬い系の記述ってどうしても必要ですからね。

[CSS] Sloped edges with consistent angle in CSS – 斜めのコンテンツ区切り法色々

  • Pocket
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

斜めにコンテンツを区切る手法を複数紹介した記事。記事内では3つのやり方が紹介されており、1つはボックス要素全体を傾けて、中のコンテンツだけ傾きを戻すというもの。もう2つはボックス要素の後(::after)に空コンテンツのボックス要素で刈り取るというもの。最後はclip-pathのpolygonでクリッピングマスクするというもの。エッジ部分を斜めにするだけでもこれだけのやり方があるんですね。手法によって対応できるブラウザも変わってくると思うので、斜めエッジやりたい時の参考になりそうです。

[Web Design] AOS – Animate On Scroll Library – スクロール芸のライブラリ

  • Pocket
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スクロールイベントをきっかけに、アニメーションしながら要素を出現させるという、いわゆるスクロール芸のライブラリー。JSとCSSを導入して、あとはブロック要素にゴニョゴニョ書けば実装できるようです。フェイドやフリップ、ズームなどの各種アニメーションが用意されています。こういうの流行ってるしちょっとやってみたい、的なノリでもサクっと導入できそうでナイスです。

[Chrome Extension] CSS Peeper – シンプルなCSSビューアー

  • Pocket
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Chromeで表示したWebサイト内のCSS指定を確認できるChrome用機能拡張。Chrome純正のデベロッパーツールに比べて、よりデザイナー寄りのシンプルな作りになってます。例えばサイト全体で指定されているカラーパレット一覧とか。あとクリックした場所に適用されているCSS一覧なんかも出せます。ただしそれがどのCSSファイルの何行目にあるかって所までは掘り下げられないので、コーディングする際にはちょっと役不足かもしんない。コーディングをしないデザイナー向けといった感じでした。

[CSS] Pure CSS Parallax Websites – CSSだけで実現するパララックススクロール

  • Pocket
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

CSSだけで実装できるパララックススクロール。2014年に書かれて15年に追記されたようなのでそれほど新しい記事ではないけれど、こんな手法もあるんやなー思ったので紹介。transform: translateZを使ってZ軸方向にオブジェクトを移動させてパララックススクロールさせているようです。これなら対応ブラウザの条件さえクリアすれば、わりとサクっと導入できそうです。

[Web Design] Flexible Boxes – Flexboxベースでレイアウトの基礎コードを生成してくれるサイト

  • Pocket
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

FlexboxベースでWebレイアウトの基礎コードを生成してくれるサイト。サイトの左側からDIVを選択して、右側にあるボタン類を使ってプロパティを調整していくという感じです。作業内容は画面下部にHTMLとCSSコードとしてリアルタイムに生成されます。前提として、Flexboxの基礎的な事は分かってた方が使いやすいかなーという印象でした。レイアウト始める際の基礎コードをコレで作ると楽できるような気がしました。

[Color Palette] random a11y – アクセシビリティーに配慮したカラーパレットを生成してくれるサイト

  • Pocket
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Webアクセシビリティーに配慮したカラーパレットを生成してくれて、さらに投票もできるサイト。一定のコントラストが確保された、背景色と文字色を出力してくれます。あとパレット生成の度にCSSコードも吐き出してくれます。よくあるカラーパレットオススメツールではあるんだけど、出て来る配色がイイ感じのものが多かったのが個人的にグっときました。ちなみに「a11y」ってなんのこっちゃ、って最初思ったんですが、この言葉って「accessibility」の略語なんですね。「単語なげーから途中の11文字略したわ!」的な流れで出来たそうで。こういう乱暴な略し方嫌いじゃないです。

[Web Design] Angled Edges – コンテンツエリアの境目を斜めにできるSCSS

  • Pocket
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

たまに目にする、コンテンツの境目の背景色を斜めにするデザイン、アレをサクっと導入できるSCSS。導入は簡単で、ダウンロードした「_angled-edges.scss」をメインのSCSSファイルから読み込むだけ。mixinを使って斜めってる角度の調整なんかもできます。斜めになっている部分はSVGで描画されるので、様々な形や色に対応できるようです。境界線を斜めにすると動きを出せるのでイイですね。導入も簡単だし早速何かに使おうと思ってます。